引越し費用

引越し費用を安く

引越し費用を安く抑えるにはコツがあります。

 

引越し会社にはさまざまなサービスがありますが、
費用を節約するための基本は、

 

「自分でできることは自分でする」ということです。

 

 

【引越しは平日】
引越し(家財の搬出・搬入日)を土・日・祝日に行うと、割増料金がかかる場合があります。できれば平日に引っ越しましょう。
また、引越しの時期ですが、3月の中旬から4月の上旬にかけては、入学・卒業・転勤などが多く、春休みということもあって引越し業者も対応しきれないほど混み合ってしまうのです。そのため、引越し料金は通常の1.5倍から最大3倍程度にまでアップしてしまいます。転勤や入学等やむをえない場合はともかく、引越しの時期を融通できるのであれば、他の時期にずらすほうが賢明でしょう。

 

【引越し資材は自分で用意】
つい面倒で引越し会社任せにしてしまいがちですが、荷造りに必要なダンボール、紐、ガムテープなどの資材は自分で集めると安く上がります。とくにダンボールは、早い時期からホームセンターやスーパーなどで使用済みのものを分けてもらうなどすれば費用がかかりません。

 

【引越し荷物の量をきちんと把握】
荷物の量がはっきりしないまま引越しを依頼すると、トラックが大きすぎたり小さすぎたりして、効率が悪くなります。正確に荷物の量を把握してから引越し会社に見積りを依頼しましょう。実際に自宅に来て、家財を見たうえで見積りを出してもらうと確実です。

 

【引越し荷造り・荷解きは自分で】
引越し資材の準備から家財の搬出・搬入・据え付け、掃除まで、引越し会社に全てまかせてしまうプランもありますが、日程的に無理がなければ荷造り・荷解きは自分でしましょう。

 

【不要なものは引っ越し前に処分】
新居で不用となるものは、事前に処分しておきます。荷物の量が少しでも少ないほうが、トラックも小さくて済み、作業人員も少なくできます。新居で使わないものは、市区町村の清掃局に引き取ってもらったり、リサイクルやフリーマーケットに出すなどして処分しておきましょう。

 

【引越し作業を手伝う】
予定していた時間をオーバーすると割増料金がかかってしまうこともあるので、自分のできる範囲で荷物の搬出入を手伝うようにしましょう。ただし、割れ物、大型家具、電化製品等は、自分では手を出さず作業員に任せましょう。うっかり手を出してしまうと、万一破損等のトラブルがあったとき、損害の補償がされなくなってしまいます。

 

【引越しオプションサービスを活用】
引越し会社によって内容は異なりますが、エアコンやアンテナの取り付け・取り外しや、ピアノの輸送、荷物の保管、ユニット家具の取り付けなど、さまざまなオプションサービスがあります。場合によっては、それぞれの専門の業者に依頼するより安くなるケースもあるので、まず引越し会社に相談してみましょう。

 

【複数の引越し業者を比較】
引越し業者によって得意分野、不得意分野がありますので
同じ荷物の量、距離で複数の業者に見積りを取って比較するのが大事です。
見積もりサイトで相場を知っておけば引越し料金の交渉材料にも使えます。
アート引越し、日通、クロネコヤマトなど一括見積もり