引越し

引越し 転出届

転出届は同じ市区町村内に引越しの場合は、
引越し後14日以内に転居届を提出すると住所変更できますので
転出届は必要ありません。「転居届」は新住所に引越し後の手続きとなります。

 

転出届は転入届と共に、引越しなどで居住場所が変更する場合に必要な手続きです。
今住んでる以外の区市町村へ転出する時は転出届が必要です。

 

 

他の市町村への引越しの場合、
引越しをする日の14日前から転出届の受付をしています。

 

手続きすると、「転出証明書」を発行してもらいます。
(転出証明書は引越し先の役所に提出します)

 

≪転出届手続きに必要なもの≫
印鑑・本人確認書類(運転免許証や健康保険証等)
≪転出届手続き窓口 ≫
現在住んでいる地域の市区町村の役場又は出張所
本人又は世帯主が手続きをしてください。
≪転出届提出期限≫
転出する日までに届け出てください。
転出届を出すと【転出証明書】が貰えます。
これは引っ越し先で転入届を出す時に必要となりますので紛失しないように気を付けて下さい。

 

 

 

転出届手続き窓口

転出届は現在住んでいる地域の市区町村の役場又は出張所 で手続きします
〔東京23区内〕
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・ 港区・目黒区

 

〔東京市外〕
武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・西東京市・福生市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・あきる野市・羽村市

 

〔都道府県〕
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

 

〔その他〕
横浜市・川崎市・相模原市・大和市・船橋市・千葉市・市川市・さいたま市・川口市・名古屋市・豊田市・大阪市 ・京都市・西宮市・札幌市 ・神戸市 ・仙台市・熊本市 ・岡崎市 ・浜松市 ・福岡市 ・松戸市・北九州市

転出届 郵送

転入届や転居届に関しては、住所変更時には必ず各市区町村の役所に提出しなくてはなりません。

 

引越し先が現在の市区町村以外である場合に必要となる転出届は、郵送での届出も可能です。

 

 

転出届を郵送すると、引越し先の住所にに転出証明書が送付されます。

 

送付された転出証明書を持参し、転入届を提出できるようになります。

 

 

転出届を郵送する場合、用いる用紙に決まりはないので

 

コピー用紙などでも問題ないようです。

 

記載事項

 

 

・転出証明書の送付先(本人の氏名、引越し先住所、引越し先電話番号)

 

・旧住所、本人の氏名、世帯主の氏名

 

・引越し先住所

 

・転出年月日

 

・転出先の世帯主の氏名

 

 

封筒には、必要事項を明記した転出届と返信用封筒を入れます。

 

返信用封筒には、引越し先の住所と氏名を記入し、切手を貼ってください。

 

 

郵送での転出届の場合も、身分証明書が必要です。

 

運転免許書や健康保険証、パスポートなどの身分証明書のコピーを同封することを忘れないでください。

 

 

転入届を郵送で提出する場合、ホームページから郵送による転出届書をダウンロードできる市区町村もあります。

 

仙台市では、郵送専用の用紙をホームページから無料でダウンロード可能です。

 

記載例もありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

東京都荒川区など、他の市区町村のホームページでも、郵送による転出届の提出による案内があります。

 

郵送専用の用紙をダウンロードできる場合も少なくありません。

 

ぜひご活用ください。

 

 

引っ越し業者

引っ越し業者
1分の入力で【アート引越センター】【アーク引越センター】【日本通運】【こぐまの名鉄引越便】【クロネコヤマト引越センター】【サカイ引越センター】【アリさんマークの引越社】【ハート引越センター】【ダック引越センター】など、100社以上の引っ越し業者からあなたの希望にあった業者を無料で見積もりしてくれます